結婚相談所成婚数.com|入会に迷う人が見るサイト

成婚数:大手結婚相談所比較

成婚数:大手結婚相談所比較

※上記は大手結婚相談所の成婚数、2014年実績です。

会員数が多いので、楽天オーネットが業界最多となっています。 IJBというのは聞き慣れない名称ですが、「日本結婚相談所連盟」のことを指します。

上記は成婚数ですが、成婚率も同時に見る必要があり、別途、記事を書いてありますので、ご覧頂けると理解が深まります。

結婚相談所への入会は、成婚数で見るのが分かりやすくて良いのですが、差イービス内容と、ご自身の忙しさや性格ともマッチングさせたほうが良いでしょう。

マッチングの詳細については、詳しく書いた記事を読んで頂けると幸いです。



新_成婚

  • 成婚数が多い大手結婚相談所はどこですか?

    main_o-net_150108

    結婚相談所の入会で迷っている時、
    一番気になるのは、やはり実際に結婚できるのか?
    っということだと思います。

    →詳しい結婚相談所の比較サイトはコチラ

    もちろん、結婚できるかどうかは、本人に努力や本人の素材に依存することが多く、
    やってみないと分からない事は、多いでしょう。

    しかし、結婚相談所の「成婚数」というのは、
    入会におけるひとつの指標として有効だと考えることができるのでは、無いでしょうか?


    成婚数が最多の結婚相談所

    成婚数が最多の結婚相談所は、楽天オーネットです。
    2014年の実績で、4,666人という数。

    これが多いのか、少ないのかはよく分かりませんよね。
    しかし、結婚相談所という業種の中では最多数になります。

    成婚「率」ではなく、成婚「数」なので、
    会員数の絶対値が多い会社が有利なのは、間違いありません。

    会員数でも、楽天オーネットはダントツの一番で、4.2万人(2015年現在)です。

    一生懸命に活動している会員と、単に入会している会員の温度差はあるでしょうけど、
    会員数が多いほうが、異性との接点が増えると考えても良いと、思います。

    つまり、真剣に結婚したいのであれば、
    会員数の多い結婚相談所を選ぶのは、一つの考え方です。


    成婚「率」の多い結婚相談所は?

    数ではなく、率でみると、
    ダントツの一位は、パートナーエージェントになります。

    楽天オーネットでは約11%の成婚率ですが、
    パートナーエージェントは、なんと24%という高い成婚率となっています。

    これは、入会の書類審査の段階で、
    パートナーエージェントはかなり、厳し目に審査しているからというのも、無関係ではないと思います。

    いずれのしても、24%という成婚率は、
    会員4人に対してひとりの成婚ですから、かなり高い割合のような気がします。

    サービスの質がしっかりしている分、
    パートナーエージェントは、楽天オーネットよりも割高な料金となっています。


    まとめ

    結婚相談所への入会、成婚数なのか成婚率なのか、
    迷うところですよね。

    一番良いのは、実際に資料請求してみると、
    店舗への無料体験へ誘導の電話がかかってきます。

    店舗への予約をして、実際に話を聞きに行ってみると、
    自分にマッチしたシステムなのか、判断が容易になると思います。

    ネットで調べたりしただけでは、いまいち、良くわからないです。


    新_成婚

  • 成婚数が多い結婚相談所はどういう仕組みですか?

    weddings1

    結婚相談所の入会に迷う時、
    成婚数が多い相談所へ入会したほうが、結婚の可能性が高いと判断しますよね。

    では、その成婚数が多い相談所は、
    どのような仕組みになっているのか気になる方は多いことでしょう。

    会社名は、楽天オーネットです。


    10人に一人の成婚割合

    楽天オーネットの成婚率は、約11%(2014年実績)となっています。
    つまり、会員10人に対して、一人が成婚まで到達するということになります。

    大手結婚相談所は、
    楽天オーネット以外にも、ツヴァイやノッツェ、パートナーエージェント、IBJなど色々ありますが、
    楽天オーネットがダントツの成婚数の高さとなっています。

    人数は2014年実績で、4,666人。
    年々、増えているといいます。


    出会うチャンネルを増やす

    楽天オーネットの成婚数が多いのは、もちろん結婚相談所の比較でも
    ダントツで多い会員数に裏打ちされているのは、言うまでもありません。

    でも、逆に会員数が多いと、
    真剣度の高い会員と低い会員がどうしても存在し、真剣度という観点からいうと
    人数の多さに希釈されているしまうこともあります。

    つまり、成婚率の低下です。
    人数が多いからこその、低下ですよね。

    しかし、楽天オーネットの11%という成婚率は、
    パートナーエージェントの24%に次いで、高い数値です。

    これってスゴイですよね。
    どうやってこの数字をたたき出しているのでしょうか?

    それは、出会いのチャンネルを多く作っている、
    ということになります。

    ・データマッチングでの自動紹介
    ・会員誌での情報掲載
    ・写真で選ぶ
    ・アドバイザーの紹介
    ・会員のみ参加できる婚活パーティー

    これらの出会いチャンネルを活用することで、
    業界最大の会員数が生かされ、成婚数が多くなるということです。


    まとめ

    結婚相談所はどこも同じようなもの。
    そう考えるのも、無理はありません。

    公式サイトや、体験談だけでは、
    どのような仕組みなのか、どのようなサービスなのか、漠然とか分かりません。

    しかし、店舗へ説明を聞きに行くと、
    すごく詳しいことを色々と教えてもらえます。

    今の時代、婚活を乗り切るのは、武器としての情報です。
    知っているのか、知らないのか、この差が大きな結果となってきます。

    だからこそ、実際の現場である店舗へ行き、
    積極的に情報収集することで、今までの自分の婚活への考え方が甘かったなど、
    次の行動に活かせる生の情報を入手することができます。

    ネットの時代だからこそ、
    ネットだけで情報を集めるのではなく、積極的に人に会いに行き
    生きた情報を吸収したいですよね。

    その生きた情報の積み重ねが、ライバルとの大きな差となります。
    より良い婚活のためにも。


    新_成婚

  • 成婚数の高い結婚相談所に入会したほうが良いですか?

    cople

    結婚相談所に入会するのに、成婚数というのは
    ひとつの分かりやすい物差しですよね。

    では、相談所への入会は、
    成婚数の高い会社を選ぶほうが良いのでしょうか?

    私は、成婚数という分かりやすい物差しで、
    楽天オーネットを選び入会しています。

    しかし、その人にマッチした相談所のスタイルを無視してもよいのか、
    っというと、そうでもなさそうです。


    両方のスタイル

    一番分かりやすい相談所における、スタイルの違いは、
    楽天オーネットと、パートナーエージェントだと言われています。

    楽天オーネットは基本的にデータマッチング型なので、
    男女双方の希望から、お互いにマッチする異性を選び出して、紹介書を送りお見合いへ誘導しています。

    有料オプションでアドバイザーへ依頼を出さない限り、
    全て自分自身のやる気と行動力が大事になってきます。

    そして、会員数が多いですから、
    そこから自分のマッチした会員を探し、アプローチし、掲示板で会話の交流をする時間を要します。

    対してパートナーエージェントは、
    コンシェルジュによる、仲介型が主な仕組みです。

    自分から積極的にアプローチしなくても、
    コンシェルジュが事前に、当人の良さや魅力をコーチングにより引き出してくれます。

    ですから、最初にヒヤリング、コーチングの時間をしっかりと長く必要とします。
    しかし、その後は、コンシェルジュ主導の紹介制になりますので、本人はあまりやることがありません。

    むしろ受け身になり、コンシェルジュから紹介された女性と
    お見合いするなどの最終行動のみです。

    仕事に忙しい方や、積極的にアプローチするのが苦手な方には、
    向いた仕組みだと言えるのではないでしょうか。


    まとめ

    何もはともあれ、楽天オーネットの会員数、ダントツに多い4.2万人は、
    非常に魅力です。

    ツヴァイや、ノッツェなどもデータマッチング型の結婚相談所です。
    いわゆる、結婚情報サービスと言われています。

    相談所という名前ですが、結婚の情報を提供している会社という意味になります。

    データマッチング型なのか、仲介型なのか。
    自分にマッチするほうへ入会するのが一番よいですよね。


    結婚相談所 20代婚活年齢差


    新_成婚

  • 成婚数が多い大手結婚相談所はどこですか?

    main_o-net_150108

    結婚相談所の入会で迷っている時、
    一番気になるのは、やはり実際に結婚できるのか?
    っということだと思います。

    →詳しい結婚相談所の比較サイトはコチラ

    もちろん、結婚できるかどうかは、本人に努力や本人の素材に依存することが多く、
    やってみないと分からない事は、多いでしょう。

    しかし、結婚相談所の「成婚数」というのは、
    入会におけるひとつの指標として有効だと考えることができるのでは、無いでしょうか?


    成婚数が最多の結婚相談所

    成婚数が最多の結婚相談所は、楽天オーネットです。
    2014年の実績で、4,666人という数。

    これが多いのか、少ないのかはよく分かりませんよね。
    しかし、結婚相談所という業種の中では最多数になります。

    成婚「率」ではなく、成婚「数」なので、
    会員数の絶対値が多い会社が有利なのは、間違いありません。

    会員数でも、楽天オーネットはダントツの一番で、4.2万人(2015年現在)です。

    一生懸命に活動している会員と、単に入会している会員の温度差はあるでしょうけど、
    会員数が多いほうが、異性との接点が増えると考えても良いと、思います。

    つまり、真剣に結婚したいのであれば、
    会員数の多い結婚相談所を選ぶのは、一つの考え方です。


    成婚「率」の多い結婚相談所は?

    数ではなく、率でみると、
    ダントツの一位は、パートナーエージェントになります。

    楽天オーネットでは約11%の成婚率ですが、
    パートナーエージェントは、なんと24%という高い成婚率となっています。

    これは、入会の書類審査の段階で、
    パートナーエージェントはかなり、厳し目に審査しているからというのも、無関係ではないと思います。

    いずれのしても、24%という成婚率は、
    会員4人に対してひとりの成婚ですから、かなり高い割合のような気がします。

    サービスの質がしっかりしている分、
    パートナーエージェントは、楽天オーネットよりも割高な料金となっています。


    まとめ

    結婚相談所への入会、成婚数なのか成婚率なのか、
    迷うところですよね。

    一番良いのは、実際に資料請求してみると、
    店舗への無料体験へ誘導の電話がかかってきます。

    店舗への予約をして、実際に話を聞きに行ってみると、
    自分にマッチしたシステムなのか、判断が容易になると思います。

    ネットで調べたりしただけでは、いまいち、良くわからないです。


    新_成婚

  • 成婚数が多い結婚相談所はどういう仕組みですか?

    weddings1

    結婚相談所の入会に迷う時、
    成婚数が多い相談所へ入会したほうが、結婚の可能性が高いと判断しますよね。

    では、その成婚数が多い相談所は、
    どのような仕組みになっているのか気になる方は多いことでしょう。

    会社名は、楽天オーネットです。


    10人に一人の成婚割合

    楽天オーネットの成婚率は、約11%(2014年実績)となっています。
    つまり、会員10人に対して、一人が成婚まで到達するということになります。

    大手結婚相談所は、
    楽天オーネット以外にも、ツヴァイやノッツェ、パートナーエージェント、IBJなど色々ありますが、
    楽天オーネットがダントツの成婚数の高さとなっています。

    人数は2014年実績で、4,666人。
    年々、増えているといいます。


    出会うチャンネルを増やす

    楽天オーネットの成婚数が多いのは、もちろん結婚相談所の比較でも
    ダントツで多い会員数に裏打ちされているのは、言うまでもありません。

    でも、逆に会員数が多いと、
    真剣度の高い会員と低い会員がどうしても存在し、真剣度という観点からいうと
    人数の多さに希釈されているしまうこともあります。

    つまり、成婚率の低下です。
    人数が多いからこその、低下ですよね。

    しかし、楽天オーネットの11%という成婚率は、
    パートナーエージェントの24%に次いで、高い数値です。

    これってスゴイですよね。
    どうやってこの数字をたたき出しているのでしょうか?

    それは、出会いのチャンネルを多く作っている、
    ということになります。

    ・データマッチングでの自動紹介
    ・会員誌での情報掲載
    ・写真で選ぶ
    ・アドバイザーの紹介
    ・会員のみ参加できる婚活パーティー

    これらの出会いチャンネルを活用することで、
    業界最大の会員数が生かされ、成婚数が多くなるということです。


    まとめ

    結婚相談所はどこも同じようなもの。
    そう考えるのも、無理はありません。

    公式サイトや、体験談だけでは、
    どのような仕組みなのか、どのようなサービスなのか、漠然とか分かりません。

    しかし、店舗へ説明を聞きに行くと、
    すごく詳しいことを色々と教えてもらえます。

    今の時代、婚活を乗り切るのは、武器としての情報です。
    知っているのか、知らないのか、この差が大きな結果となってきます。

    だからこそ、実際の現場である店舗へ行き、
    積極的に情報収集することで、今までの自分の婚活への考え方が甘かったなど、
    次の行動に活かせる生の情報を入手することができます。

    ネットの時代だからこそ、
    ネットだけで情報を集めるのではなく、積極的に人に会いに行き
    生きた情報を吸収したいですよね。

    その生きた情報の積み重ねが、ライバルとの大きな差となります。
    より良い婚活のためにも。


    新_成婚

  • 成婚数の高い結婚相談所に入会したほうが良いですか?

    cople

    結婚相談所に入会するのに、成婚数というのは
    ひとつの分かりやすい物差しですよね。

    では、相談所への入会は、
    成婚数の高い会社を選ぶほうが良いのでしょうか?

    私は、成婚数という分かりやすい物差しで、
    楽天オーネットを選び入会しています。

    しかし、その人にマッチした相談所のスタイルを無視してもよいのか、
    っというと、そうでもなさそうです。


    両方のスタイル

    一番分かりやすい相談所における、スタイルの違いは、
    楽天オーネットと、パートナーエージェントだと言われています。

    楽天オーネットは基本的にデータマッチング型なので、
    男女双方の希望から、お互いにマッチする異性を選び出して、紹介書を送りお見合いへ誘導しています。

    有料オプションでアドバイザーへ依頼を出さない限り、
    全て自分自身のやる気と行動力が大事になってきます。

    そして、会員数が多いですから、
    そこから自分のマッチした会員を探し、アプローチし、掲示板で会話の交流をする時間を要します。

    対してパートナーエージェントは、
    コンシェルジュによる、仲介型が主な仕組みです。

    自分から積極的にアプローチしなくても、
    コンシェルジュが事前に、当人の良さや魅力をコーチングにより引き出してくれます。

    ですから、最初にヒヤリング、コーチングの時間をしっかりと長く必要とします。
    しかし、その後は、コンシェルジュ主導の紹介制になりますので、本人はあまりやることがありません。

    むしろ受け身になり、コンシェルジュから紹介された女性と
    お見合いするなどの最終行動のみです。

    仕事に忙しい方や、積極的にアプローチするのが苦手な方には、
    向いた仕組みだと言えるのではないでしょうか。


    まとめ

    何もはともあれ、楽天オーネットの会員数、ダントツに多い4.2万人は、
    非常に魅力です。

    ツヴァイや、ノッツェなどもデータマッチング型の結婚相談所です。
    いわゆる、結婚情報サービスと言われています。

    相談所という名前ですが、結婚の情報を提供している会社という意味になります。

    データマッチング型なのか、仲介型なのか。
    自分にマッチするほうへ入会するのが一番よいですよね。


    結婚相談所 20代婚活年齢差


    新_成婚

  • 成婚数が多い大手結婚相談所はどこですか?

    main_o-net_150108

    結婚相談所の入会で迷っている時、
    一番気になるのは、やはり実際に結婚できるのか?
    っということだと思います。

    →詳しい結婚相談所の比較サイトはコチラ

    もちろん、結婚できるかどうかは、本人に努力や本人の素材に依存することが多く、
    やってみないと分からない事は、多いでしょう。

    しかし、結婚相談所の「成婚数」というのは、
    入会におけるひとつの指標として有効だと考えることができるのでは、無いでしょうか?


    成婚数が最多の結婚相談所

    成婚数が最多の結婚相談所は、楽天オーネットです。
    2014年の実績で、4,666人という数。

    これが多いのか、少ないのかはよく分かりませんよね。
    しかし、結婚相談所という業種の中では最多数になります。

    成婚「率」ではなく、成婚「数」なので、
    会員数の絶対値が多い会社が有利なのは、間違いありません。

    会員数でも、楽天オーネットはダントツの一番で、4.2万人(2015年現在)です。

    一生懸命に活動している会員と、単に入会している会員の温度差はあるでしょうけど、
    会員数が多いほうが、異性との接点が増えると考えても良いと、思います。

    つまり、真剣に結婚したいのであれば、
    会員数の多い結婚相談所を選ぶのは、一つの考え方です。


    成婚「率」の多い結婚相談所は?

    数ではなく、率でみると、
    ダントツの一位は、パートナーエージェントになります。

    楽天オーネットでは約11%の成婚率ですが、
    パートナーエージェントは、なんと24%という高い成婚率となっています。

    これは、入会の書類審査の段階で、
    パートナーエージェントはかなり、厳し目に審査しているからというのも、無関係ではないと思います。

    いずれのしても、24%という成婚率は、
    会員4人に対してひとりの成婚ですから、かなり高い割合のような気がします。

    サービスの質がしっかりしている分、
    パートナーエージェントは、楽天オーネットよりも割高な料金となっています。


    まとめ

    結婚相談所への入会、成婚数なのか成婚率なのか、
    迷うところですよね。

    一番良いのは、実際に資料請求してみると、
    店舗への無料体験へ誘導の電話がかかってきます。

    店舗への予約をして、実際に話を聞きに行ってみると、
    自分にマッチしたシステムなのか、判断が容易になると思います。

    ネットで調べたりしただけでは、いまいち、良くわからないです。


    新_成婚

  • 成婚数が多い結婚相談所はどういう仕組みですか?

    weddings1

    結婚相談所の入会に迷う時、
    成婚数が多い相談所へ入会したほうが、結婚の可能性が高いと判断しますよね。

    では、その成婚数が多い相談所は、
    どのような仕組みになっているのか気になる方は多いことでしょう。

    会社名は、楽天オーネットです。


    10人に一人の成婚割合

    楽天オーネットの成婚率は、約11%(2014年実績)となっています。
    つまり、会員10人に対して、一人が成婚まで到達するということになります。

    大手結婚相談所は、
    楽天オーネット以外にも、ツヴァイやノッツェ、パートナーエージェント、IBJなど色々ありますが、
    楽天オーネットがダントツの成婚数の高さとなっています。

    人数は2014年実績で、4,666人。
    年々、増えているといいます。


    出会うチャンネルを増やす

    楽天オーネットの成婚数が多いのは、もちろん結婚相談所の比較でも
    ダントツで多い会員数に裏打ちされているのは、言うまでもありません。

    でも、逆に会員数が多いと、
    真剣度の高い会員と低い会員がどうしても存在し、真剣度という観点からいうと
    人数の多さに希釈されているしまうこともあります。

    つまり、成婚率の低下です。
    人数が多いからこその、低下ですよね。

    しかし、楽天オーネットの11%という成婚率は、
    パートナーエージェントの24%に次いで、高い数値です。

    これってスゴイですよね。
    どうやってこの数字をたたき出しているのでしょうか?

    それは、出会いのチャンネルを多く作っている、
    ということになります。

    ・データマッチングでの自動紹介
    ・会員誌での情報掲載
    ・写真で選ぶ
    ・アドバイザーの紹介
    ・会員のみ参加できる婚活パーティー

    これらの出会いチャンネルを活用することで、
    業界最大の会員数が生かされ、成婚数が多くなるということです。


    まとめ

    結婚相談所はどこも同じようなもの。
    そう考えるのも、無理はありません。

    公式サイトや、体験談だけでは、
    どのような仕組みなのか、どのようなサービスなのか、漠然とか分かりません。

    しかし、店舗へ説明を聞きに行くと、
    すごく詳しいことを色々と教えてもらえます。

    今の時代、婚活を乗り切るのは、武器としての情報です。
    知っているのか、知らないのか、この差が大きな結果となってきます。

    だからこそ、実際の現場である店舗へ行き、
    積極的に情報収集することで、今までの自分の婚活への考え方が甘かったなど、
    次の行動に活かせる生の情報を入手することができます。

    ネットの時代だからこそ、
    ネットだけで情報を集めるのではなく、積極的に人に会いに行き
    生きた情報を吸収したいですよね。

    その生きた情報の積み重ねが、ライバルとの大きな差となります。
    より良い婚活のためにも。


    新_成婚

  • 成婚数の高い結婚相談所に入会したほうが良いですか?

    cople

    結婚相談所に入会するのに、成婚数というのは
    ひとつの分かりやすい物差しですよね。

    では、相談所への入会は、
    成婚数の高い会社を選ぶほうが良いのでしょうか?

    私は、成婚数という分かりやすい物差しで、
    楽天オーネットを選び入会しています。

    しかし、その人にマッチした相談所のスタイルを無視してもよいのか、
    っというと、そうでもなさそうです。


    両方のスタイル

    一番分かりやすい相談所における、スタイルの違いは、
    楽天オーネットと、パートナーエージェントだと言われています。

    楽天オーネットは基本的にデータマッチング型なので、
    男女双方の希望から、お互いにマッチする異性を選び出して、紹介書を送りお見合いへ誘導しています。

    有料オプションでアドバイザーへ依頼を出さない限り、
    全て自分自身のやる気と行動力が大事になってきます。

    そして、会員数が多いですから、
    そこから自分のマッチした会員を探し、アプローチし、掲示板で会話の交流をする時間を要します。

    対してパートナーエージェントは、
    コンシェルジュによる、仲介型が主な仕組みです。

    自分から積極的にアプローチしなくても、
    コンシェルジュが事前に、当人の良さや魅力をコーチングにより引き出してくれます。

    ですから、最初にヒヤリング、コーチングの時間をしっかりと長く必要とします。
    しかし、その後は、コンシェルジュ主導の紹介制になりますので、本人はあまりやることがありません。

    むしろ受け身になり、コンシェルジュから紹介された女性と
    お見合いするなどの最終行動のみです。

    仕事に忙しい方や、積極的にアプローチするのが苦手な方には、
    向いた仕組みだと言えるのではないでしょうか。


    まとめ

    何もはともあれ、楽天オーネットの会員数、ダントツに多い4.2万人は、
    非常に魅力です。

    ツヴァイや、ノッツェなどもデータマッチング型の結婚相談所です。
    いわゆる、結婚情報サービスと言われています。

    相談所という名前ですが、結婚の情報を提供している会社という意味になります。

    データマッチング型なのか、仲介型なのか。
    自分にマッチするほうへ入会するのが一番よいですよね。


    結婚相談所 20代婚活年齢差


    新_成婚